2012年05月11日

トレーダーの多くを崩壊へと導く



>>トレーダーが必ず読むべき本

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ

今日もガツンと!両方クリック頼む!

勝負事というのは実力が全てといっている内はまだ甘い。
ギリッギリの勝負では「運」が勝敗を分ける事もあるのだ。

こういうのは日頃の良い行いによって変化すると言っても良い。
だからブログを読むならクリックをして行ってほしい!

と半ば強引に促してみる物の
クリックしてくれる人は少ないんだろうなと。
諦めている自分もなんだか寂しい物だ。

 にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
読み逃げすんなよ!両方クリック頼む!

さて今日はタイトルにもあるが
昨日まで話してきた『強欲』にも負けるとも劣らないほどに
数々のトレーダーを奈落の底に落としてきた感情について説明しよう。

まだ『強欲』について読んでない奴がいるならば
先にそちらを読んでからでも良いだろう。

>>強欲がお前の首を絞めている事に気がついているか。
http://binaryoptions.seesaa.net/article/268974057.html

では本題、トレーディングにおいて
最も表に出てきてほしくないのに
最も良く表に出てきてしまう感情。

それが恐れだ。

強欲と同様に『恐れ』もまたトレーダーを破滅に導く。

ポジポジ病の反対に位置するもの
それがエントリー恐怖症なのだ。

しかしこう思う人もいるだろう
恐れがあるからこそ、大きな損失を防ぎ
トレードを用心させる役割となるのではないか。

そんな事は無い。
それはもうすでに『恐れ』ではない。

恐れというのはコントロール出来た時に恐れではなくなる。
他人から見ると”あの人は勇敢だ、恐れをしらない”と思う事が
トレード以外にも沢山あるだろう。

例えばレーシングドライバーなどだ。
彼らは想像もつかない速度でマシンを操り
果敢にサーキットを攻めてるように見える。

しかし彼らは無茶をしている訳ではない。
自分のペースを守り、今まで培った経験から行動を起こす。
恐怖に駆られている訳ではないのだ。

しかし俺たちがレーシングドライバーに対して
あの人は勇敢だと感じてしまう理由もまた別にある。

それは自分がレーサーとしてマシンに乗ったら
あんな速度でサーキットを駆ける事は出来ないと感じるからだ。

つまりトレードに置いても
メディアでもてはやされるような一攫千金を手にした人間に対して
自分も同じような思考回路を持ち行動を起こさなきゃ行けないと感じる。

だからこそ自分ではコントロール出来ない恐怖を相手にしてしまい
トレードにおいて『恐れ』と対峙せねばならなくなるのだ。

そうではない。
自分の能力をしっかり測り
勝算のある恐怖とのみ戦い
自分のペースでトレードする事を忘れてはならない。

時にはトレーダーの中で
相場を眺めているだけで全くエントリー出来ない人もいる。
そんなにトレードがコワいのであれば
相場にお前が戦って勝算のある『恐怖』が存在しないのだ。

つまり、トレードなんて最初からやらない方が良い。
と見捨ててしまうのも寂しい。

このブログは少しでも多くのトレーダーに
成長の機会を与える為に作ったのだから
明日はエントリー恐怖症について書いていこうと思う。
だからしっかり応援クリック頼むぞ!
posted by C.M.K. at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 負け組トレーダーの習性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


簡単に儲かるなんて、まだ信じているんですか?
カリスマ主婦トレーダー山本有花がバイナリーオプションのロジックを制作
努力出来る人以外は来ないでください。きっとアナタでは達成できないでしょう。

1年で10万円を6526万円に増やした次世代の投資手法
まだ誰も知らないバイナリーオプションの必勝自動ツールだからこそ可能!
圧倒的勝率を生み出す次世代投資手法、その方法を限定300人のみに公開!

勝ち続けられる手法なんて存在しません!
様々なバイナリーオプション商材が積み上げてきた”不都合な真実”を全て暴露
アナタだけに年間281%以上の利益を稼いでる唯一の方法をお話しいたします。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。